スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    author スポンサードリンク | - -

    ひとりの自由、ふたりの自由

    0

      雨の土曜日、神戸の夜。20時から観た映画があまりにも沁みて。
      疲れた体を忘れるくらい目が冴て、起きっ放しで電車に揺られ
      帰宅したのは午前0時をまわっていました。

      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      その余韻を引きずっていたからなのか...?
      地元でゆっくり過ごすはずの翌・日曜日、
      乗り継ぎ駅で、タイミングよく来た大阪行きの電車に飛び乗っていました、
      それが私なりの「自由」とでも言いたいかのように。
      さらに数回乗り継ぎ、向かった先は、

      今年初めての星ヶ丘







      草原に漕ぎ出す船のようなテーブルにもたれて
      春にしては肌寒い風をうけながら
      温かい珈琲を一杯。
      うぐいすがすぐ傍でひっきりなしにさえずる。
      あとは、風が木々をゆらす音と
      手づくりのペットボトル風車がカラカラと鳴る音が
      聞こえるだけ。





      となりのギャラリーでは鎌倉にお住いの70代のご夫婦が
      廃材や流木、捨てられる運命だったものたちに
      新たな命を吹き込む手仕事の展示の最終日でした。







      浜辺でひろった石たちからもらったインスピレーションで
      シンプルなメッセージをスタンプした石文。
      手にしたときのしっくり感で選んだ愛の石たちは5つ。
      明らかに買いすぎ!!
      あの方、この方へ、感謝の気持ちと共にプレゼントしよう。




      HAND&SOUL、今年中に訪れたい場所になりました...!!




      星ヶ丘 ソーイングギャラリーでのHAND&SOUL展は
      私が訪れた日曜が最終日でしたが
      土曜の夜に染み入った映画「The Future」は
      26日まで元町映画館、そのあとは京都みなみ会館でも
      上映される予定です。
      妙齢未婚女子にはぐっとくる内容かと思います。
      気ままで、自由で、根拠のない自信があった若い頃。
      しかし、その片隅には漠然とした未来への不安。
      導かれるように訪れたギャラリーで、
      夫婦それぞれが自由に創作され
      それが見事に溶け合っている様子に感動し、
      これからの人生、一緒に生きていける「パートナー」がいたら
      いいだろうなぁ。
      そんな風に、思ったりしたのでした。
      自分に向き合うほど考え込みはしなかったけど
      ぼんやりと、ね。















      author KBK | comments(0) -

      31(日)はサッカザッカ展とmanonをはしご!

      0

         サッカザッカ展 @ギャラリー6c
        昨夜、仕事帰りに自宅とは逆方向の苦楽園口へいそいそとでかけてきました。
        平日の営業日は夜20時までやってますからね!


        これまた仕事帰りのレモンと実験さんが、サッカザッカ・菓子部門として
        お菓子を納品されているところに遭遇(←わざとらしい!)


        レトロパッケージの「クッキー」の文字どおり、3つの味のアソート。


        レモンケーキのラベルもかわいいレモンケーキ!
        いずれもパッケージ分(8〜10個)しか作ってないとのこと。
        争奪戦!?

        さて会場の中央には白いブランコ。
        個性豊かな関西の作家さんたちの「素敵」がいったりきたりするたびに、私の心も揺れ動きます!


        目移り&めまいがしそうな豪華作家陣!
        左上) てまねき羊さん 右上)wassaさん
        左下) ペパロンさん   右下)hineiroさん
        え?!小さすぎてわからない?!すみません、ぜひ現地でご確認を!
        ただし売り切れていたらすみません☆


        今回購入したのは前出のhineiroさんのお菓子と、こちらの作家さん。
        asaruさんとおっしゃるそうです。初見です。

        もうちょっと寄ってみます。


        女子力UPしそうな春色パステル。
        でもよくみたらROCKテイスト。ツボでした!



        またアクセサリーが増えたところで、手持ちのアクセサリーをこちらのイベントで
        放出いたします。。。
        前回の日記ではかばんを紹介したので、アクセサリーを。というかブローチを。


        リボン!リボン!リボン!
        「なかよし」よりは「りぼん」派だった小学生の頃の影響なのか(?!)
        リボン型が好きです。まるでみのりタソ!
        ただ哀しいかな、あまり似合わないのです...永遠の片思い、それもまた乙女やん★
        ということでお嫁に出します!



        他にはこんな渋い和テイストのもあります。
        普通にシンプルな洋服にあわせたら素敵だと思うのですが、
        妙齢の私には、加齢アイテムなのです★



        そして...結局一度もつけていない箱入り息子(?!)も手放します。
        だって、イニシャル「G」なんやもん!(爆)


        ブローチ以外のアクセサリーもお持ちします。
        洋服より安価で、ずっと使えそうだから・・・と、ついつい増えるのですが
        実はあまりアクセサリーつけない人なのです(えっ!?と自分に突っ込み)
        アクセサリーという小さな物を愛でるのが好きなんです、学習しました。
        それでも懲りずに増えそうなので、今までのコレクションをいったんリセット。
        でも、今見てもやっぱりかわいいものばかり(自画自賛!)なので、
        ぜひ、どなたかご愛用くださいね!

        ちなみに「サッカザッカ展」会場は苦楽園口、
        私が参加する「Garden vol.20」は西宮北口。
        阪急でスイッと約15分ほどでしょうか。
        夙川の桜を楽しみつつ、はしごしていだければ幸いです。










        author KBK | comments(0) -

        3月最後の日のお楽しみ!

        0


          最愛雑貨店manonのフリースペースで3月最後の日(なんと日曜日!)に開催される
          素敵イベントにお声をかけていただきました。


          Garden vol.20 Assemblage― Art and Market ―

          日時 2013年3月31日(日) 11:00〜19:00
          場所 
          manon
          内容 ●フリーマーケット
              ●パン屋さん(穀雨のパン)
              ●コラージュ展示(TAM)
              ●映像(Kenji Tsuda)


          私はフリーマーケットのコーナーで、勝手に「春のかばん祭り」を開催します!

          布製のやわらかいかばんがほとんどです。ざっと集めてみたら20袋はあるかしら!?
          あずま袋(私の手縫い…雑&レア★)も紛れ込ませました。生地はnitteのものです。
          その他には・・・

          10年以上前のジャマン・ピエッシュの総スパンコールバッグも!
          普段用に使っていたためスパンコール&革の持ち手がボロボロなので、
          取り替えてアレンジしていただければ・・・破格値予定。


          人気のマリメッコも!(上の緑色)

          かばんの他に、manonの雰囲気に合うようなアクセサリーや洋服、雑貨も並べたいなぁ。
          当日までに、あと1,2回は画像UPしたいと思います。
          とにかく、両手で持ち運べる量の限界に挑戦する意気込みです!
          フリーマーケットには若いお嬢さんたちも出展されて、きっととってもかわいいことになるはず。
          音楽・映像の[K]さん、コラージュのTAMさん、穀雨のパンさんも素敵&おいしい、太鼓判!
          ぜひ3月最後の日は、manonへ剛!もといGO!!

          ☆当日は小銭・エコバッグ持参のご協力をよろしくお願いいたします☆





          author KBK | comments(0) -

          11月のパレード

          0

            インスタでの写真ミニブログが習慣づいてしまい、コンデジの出番が皆無な今日この頃。
            ブログにあげる写真が無い!ということで今さらですが11月3日の写真をもとに書きます(!)

            精力的に活動されている鍛冶屋のカージーさん。
            空き缶を加工したキャンドルホルダー、オーナメント、アクセサリーなどの小物から
            照明器具や什器など大作まで幅広く製作。
            さらに他ジャンルの作家さんたちとのコラボや、
            音楽仲間のサポートとしてグッズ製作や空間演出も手掛けておられます。
            硬い素材、火を使い、曲げたり削ったり、男くさい現場で生み出されるであろう作品たちからは、
            むしろ柔かさを感じます。
            春の風のよう温かく、すっとあらわれ、私たちの頬をくすぐっては、消えていく。そして戻ってくる。
            ご本人もそんな感じの方、という印象。

            こんなに活動的なのにたしかまだHPをお持ちでないんですよね(!)うまく説明できてるか不安...
            ということで百聞は一見にしかず、作品展の様子をどうぞ!


            場所は甲子園口の隠れ家...

             nicoさん。




            今回のテーマはパレード。来るクリスマスへのわくわくも感じさせる楽しい世界でした。


            小鳥が隠れている茂みのようなこちらの作品。
            形がアイマスクのようで、仮面舞踏会を想像してしまいました・・・
            こんな感じの(!!)

            今週末から池田の家ieさんで個展があるそうですよ〜 → 


            author KBK | comments(2) -

            くりくり と はちはち

            0

              時が止まったような森の中の100年洋館。



              古いガラス窓の魔法なのか、やわらかいフィルター越しに京の庭が異国の景色に変わります。
              まるで、白昼夢の世界に迷い込んだかのよう・・・


              木漏れ日をあびながら、天使たちはかくれんぼ。



              「秋の京都のくりくり展」
              http://amulet-blog.cocolog-nifty.com/atelier/cat22645422/index.html

              道に迷いながら、お越しください!
               遊・空間 u 京都市バス「千本出水」下車 徒歩4分 
               150種以上の植物や巨木が気ままに育つ 「約1000平米の野遊び場」と、
               オーナーのおじいさんが明治の頃に道楽で建てられた築100年の「洋館」がそのまま残されています


              住宅街の低い屋根群から突如小さな森が現れます。それが目印です。
              迷いながらたどり着いたとき、より一層の充足感が待っています。

              築100年洋館のエントランスに閻魔様。
              すみません、あまりにも乙女な世界に呼応して、あの空間に居た時間、
              柄にもなく鬼ガーリーな私に変貌してしまったことを!


              さて、100年洋館を後にして、さらに森をすすむと・・・


              今度は古い京町屋が現れました。中はパンの販売、畳のカフェ空間。

               
              フルーツとナッツがぎっしりのケーキ、はちみちとスパイスの甘いケーキ・サワークリーム添え。
              素材にこだわって丁寧につくられたことがわかる滋味深いおいしさに、静かに興奮!
              今回はオーガニックコーヒーとあわせましたが、ワインやビールもスタンバイ。
              大人の組み合わせ、次回チャレンジてみよう!


              はちはち Infinity Cafe http://hachihachi.org/  再訪必至!!

               



              さて、今回こちらのイベントを教えてくださったのは・・・
              小さな小さな絵を描く作家 一ツ木香織さん。  http://sakurakouji.jugem.jp/
              てのひらにすっぽり収まる小宇宙。
              繊細だけど弱いとは違う。それは「好き!」がはっきりと表現されているからかもしれません。

               
               どこに飾ろうかな!(とりあえず今はココに)







              author KBK | comments(0) -

              イベントします!!

              0

                特設ブログ → 

                ということでなかなかこちらでUPできないかもしれません・・・
                OliveとGOくん(!)のことで頭いっぱいの7月を過ごそうと思います!!



                author KBK | comments(0) -

                オトンコレクション

                0

                  We are kokeshi All Stars!!! From NARA!!!


                  奈良に暮らすオトン(関西弁とお父さん)が、30年以上かけて日本全国各地から
                  わたしたちの仲間をたくさん集めてくれたの。
                  そんなわたしたちに、オトンの娘さんが素晴らしいステージを用意してくれたのよ!!
                  どうも最近の若いコたち、わたしたちのことが好きって言うじゃない?!
                  こんなにうれしいことってないわ。どうぞ見て・触れて・撮ってちょうだい!!



                   
                   
                    
                   



                  横田百合のオトンコレクション「こけし」展
                  約1ヶ月のロングラン公演、なんと明日までだそうですよ!!間に合ってよかった☆


                  こけしは明日までですが、オトンコレクションはそれだけじゃないんですって!!
                  こけしを含む「郷土玩具」に魅せられて、集めた数はなんと300以上!!
                  「オトンコレクション」で検索したら毎日2点のペースで見れるそうです(夏ごろまで更新予定)。
                  次回は動物型玩具とか、お願いしたいな〜♪


                  手づくり感満載の不思議スペース「ギャラリーバンコ」もとてもいい感じでしたよ!!
                  玉造、楽しい♪♪





                   
                  author KBK | comments(0) -

                  London pub night in NARA

                  0

                    あの「くるみの木」で「ロンドン・パブ・ナイト」?!
                    意外なイベントタイトル、そして内容はn100のデザイナー 大井さん・橋本さんと
                    n100の季刊誌『talking about』 編集長で元・クウネル編集長 岡戸さんが
                    くるみの木主催 石村さんのナビゲートでトークショーをされるというもの。
                    これは行かねば!!

                    ●『talkng about vol.2』出版記念イベント
                                            http://www.kuruminoki.co.jp/gall24_10.html  
                    ●n100(エヌ・ワンハンドレッド)     http://n100.chips.jp/index.htm

                       

                     
                    今回の取材先がオリンピックでにぎわうイギリスだったということもあり、
                    料理もロンドンのパブをイメージしたものに。
                    ロンドン=フィッシュ&チップスの短絡思考でしたが、ほんとにでてきました!!
                    10数年前に現地で食べたものよりイケる(嬉♪)
                    和のイメージが強かったくるみの木のお惣菜が、この日ばかりはカジュアルなデリといった印象。
                    どれもこれもほんと美味しかった!パンはMIA'S BREAD。最高の組み合わせ!!

                    食いしん坊話はこの辺にして。

                    「会いたい人に会いに行く」そんなコンセプトの『talking about』
                    今回イギリスまで会いに行った人はn100のお二方の元・上司であり大切な友達でもある
                    マーガレット・ハウエルさん。
                    その他、岡戸さんがオリーブ編集者時代からのファンという(!)俳優 筒井道隆さんなど
                    どれもじっくり読みたいインタビューばかりです。

                    さて、トークショーは事前に配られた質問用紙に沿ってすすみました。
                    石村さんの笑いをまぶした進行が絶妙で、ラジオの公開放送を見学にきたかのような錯覚!
                    仕切り方は違えど、徹子さんと同質の快感が(笑)
                    また、自分で道を切り開いてきたみなさんの言葉に、こんな風に歳を重ねたい!と思いつつも
                    でもなかなかその道は険しいぞ!身が引きしまるものでした。

                    「会いたい人に会いに行く」そもそもこの場にいる全員が、
                    大井さん、橋本さん、岡戸さん、石村さんに会いにきたわけですから!
                    独特の熱気が感じられた一夜でした。


                    創刊号も楽しいです!



                    会場音楽を奈良でオリジナルのスピーカー製作などをされているsonihouse鶴林万平さんが
                    担当されました。このスピーカー、いつか欲しいな。



                    会場でかかっていて懐かしくなりました。カナダ人SSW ジョニ・ミッチェル。
                    大学時代、バンドでカバーしたっけ。大好きな作品。
                    弾くのに難儀したアコースティックギター、もう手元にはないけれど。

                    ♪ http://www.youtube.com/watch?v=II7PQMCWZwE&feature=results_video&playnext=1&list=PL3BE546DA3801724E

                    ヘタレなので質問できなかったけど、ロック好きだというn100大井さんに音楽の話、
                    いろいろ聞いてみたかったな。





                    author KBK | comments(0) -

                    そうだ、川西へ行こう。NOMA

                    0

                      小さな川沿いの名もなき道。「俺の道」って呼ぶそうです!
                      川の両サイドに群生する黄色い花が素敵です。


                      その中ほどに俺と私のギャラリー「NOMA」がありました!
                      映像作家の旦那さまとニット作家の奥さまのアトリエも兼ねた不定期ギャラリーです。
                      こちらは目も覚めるような美しい青の扉。補色同士がむかいあって、見事なコントラスト!

                       あまりにもフォトジェニックな外観に・・・

                       
                      本題の個展の前に、バシャバシャ撮らせていただきました!


                      さて、青い扉の向こう側はというと・・・
                      暗いトンネルを抜ければそこはラボタモ・ワールドだった!!

                      田中ラボタモ 影絵作品展 「math collecting 」


                      個展に行くのは何回目やろ・・・?
                      毎回、満足中枢を刺激されます!!
                      きれい!かわいい!というシンプルな感動と、
                      ラボタモさんから作品のテーマと解説を聞いてふむふむ。。ほほー。。と考える喜びと。
                      いろんな感情と感動、ひっくるめて豊かな気持ちになれるのです。

                       
                       

                      ラボタモ氏の愛した数式とは・・・?

                      算数はまだしも数学にいたってはハクション大魔王なみにニガテな私。
                      実はラボタモさんもそうだったとか。
                      数式で埋め尽くされた手紙を解読していくうちに、
                      いろんな発見があったことが今回の展示テーマの発端。
                      初めて手にする数学の文献を調べることも、興味があれば楽しい!
                      きっと、今までニガテだったことの中に、こんなにもおもしろい側面があったなんて・・・
                      ラボタモさんの柔らかな口調から、作品を楽しんでつくっておられた様子がわかります。

                      数学が、理屈じゃなくて感じるものだったなんて、思ってもみなかった!!





                      撮影OKだったのでいろいろ撮らせてもらいました。正方形にしたらレコジャケ風!?


                      展示期間中は夜21時までオープンされていました。ご近所だったら、夜に再訪したかったな。



                       帰り道で見つけた標識も、影絵に見えてしまう。
                      あるいは・・・


                      オーレ・エクセルのココアアイズ?!川西でスウェディッシュ・デザインに出くわすとは・・・って、
                      何言うてますのん、川西にはスウェーデンの素晴らしいお店&料理教室がありますやんか!
                      (乗り突っ込み★)

                      へつづく!
                      author KBK | comments(0) -

                      そうだ、川西へ行こう。hygge

                      0


                        多分、このお店の存在がなければ、兵庫県川西市というベッドタウンには
                        わざわざ訪れなかったかもしれません。

                        坂の上の不定期素敵店「hygge」 

                        わざわざ訪れたくなる、小さくとも個性的なお店が、「暮らす街」にあるっていいなぁ。
                        私も某・古都のベッドタウン住まい。ベッドタウン to ベッドタウンな週末のはじまりはじまり!


                        さて、久々オープンの「hygge」 28(土)・29(日)の2日間のみ営業。
                        庭に増設した小屋「spice.」の空間も使って写真展とのこと。

                        「ゆっくり歩く〜kaef  タイとラオスの写真展〜」

                        156段の大階段を登り切り、さらに坂道を上るとそこは見知らぬアジアの国。
                        タイもラオスも訪れたことがないけれど、もしかしたらココがそうなんじゃないか・・・そんな錯覚。
                        いつもより湿度が高く、じんわりにじむ汗もかえってうれしい土曜日の昼下がりです。 

                          
                          
                        hyggeは地下室なので少しひんやり、天然のクーラー。自然光でタイ・ラオスの日常を眺めます。
                        窓から風が入ってくると、水牛にぶらさげるという木製のベルがポコポコとやさしい音色。
                        ほどなくココナッツの甘い香りと、芳しい珈琲のアロマが空間を染めていきました。
                        写真を撮られたカーリさんが日本のたこやき器で焼くタイのおやつ「カノムクロック」
                        まーるい、愛らしいフォルム。食べたことのない甘さに、妙な郷愁を覚える素朴なおいしさ。
                        hygge店主Kaoさんが昨日焙煎したという「sonotoki coffee」も唸るおいしさ!!

                          
                        写真にはありませんがspice.の展示はより現地の雰囲気がしました。たまらなくなりました・・・!
                        でも、その空気を私の撮影ではお伝えできないので、心のフィルムに焼き付けました。

                        自宅から2時間弱の小旅行。そんなひとときでした。
                         
                         
                        おおがかりな告知をせずとも、一度訪れたらまた必ず訪れたくなる人、多いんやろな。私もそう。
                        しかも一度好きになったら、きっと、ずっと、好き!なんだと思います。とっておきの空間。

                        さて、次はhyggeさんもおすすめしていた、隣駅のお友達のギャラリーにはしごです。


                        △悗弔鼎!
                          

                        author KBK | comments(0) -
                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        Archives

                        Categories
                        もくじ (1)
                        (34)
                        喫茶 (75)
                        雑貨 (27)
                        (6)
                        キャメラ (88)
                        EAT IT! (39)
                        展覧会系 (52)
                        音楽・映画・文化系 (22)
                        レッスン (33)
                        旅行記 (122)
                        カバ (7)
                        犬と猫 (22)
                        小さな街のせんだい散歩 (16)
                        奈良 (42)
                        仙台 (10)
                        仙台写真展2011 (8)
                        その他もろもろ (26)
                        予告編 (9)
                        素敵だよ (10)
                        Recent entries
                        ひとりの自由、ふたりの自由 (04/24)
                        31(日)はサッカザッカ展とmanonをはしご! (03/28)
                        3月最後の日のお楽しみ! (03/25)
                        11月のパレード (02/04)
                        くりくり と はちはち (10/09)
                        イベントします!! (07/05)
                        オトンコレクション (06/30)
                        London pub night in NARA (06/15)
                        そうだ、川西へ行こう。NOMA (05/26)
                        そうだ、川西へ行こう。hygge (05/26)
                        Recent comments
                        変わらない喫茶店
                        by KBK (05/20)
                        変わらない喫茶店
                        by かおり (05/20)
                        目を瞑れば君がいる
                        by KBK (05/01)
                        この世の楽園
                        by KBK (04/22)
                        この世の楽園
                        by kawajiri (04/21)
                        この世の楽園
                        by seiko (04/19)
                        この世の楽園
                        by imaya (04/18)
                        目を瞑れば君がいる
                        by KBK (04/12)
                        目を瞑れば君がいる
                        by kawajiri (04/11)
                        1ヶ月
                        by KBK (03/02)
                        Links
                        JUGEM
                        Profile
                        KBK
                        Recommend
                        Feed
                        RSS1.0
                        Atom0.3
                        Sponsored links
                        Powered by JUGEM.
                        Designed by mread.
                        admin