スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    author スポンサードリンク | - -

    東京FANTASIA△任蕕垢瓦ぅ薀ぅ

    0


      15:00〜20:00、5時間の夢舞台。
      3つに別れた会場を、人をかきわけ右往左往。
      こんなに密度の濃いライブイベントってはじめて!!!

      http://www.de-la-fantasia.com/

      この中に1組でも大好きなアーティストがいれば、多分、ほぼすべてのアーティストが
      ストライク級だと思われます。
      いやほんと、ここまで集まった&集めていただけた!!!感謝。
      デラファンタジアの「でら」って、名古屋弁の「超」「すごい」といった強調言葉と
      かけているんじゃないかと勘繰りたくなります!!!

      ちなみに、私がたどったコースは、

      青葉市子 前半 ・・・ 信頼のおける音楽友達から賞賛をあびていた21歳のうら若き乙女は
                    天才でした!!アシッドフォークの深い森?湖?ずぶずぶ。
                    もし10代に出会ってたら、相当影響うけたような気がします。
          ↓

      ワールドスタンダード ラスト1曲  ・・・エキゾチックとはまた違った無国籍な音色がきらきらと。
                              語弊を恐れずにたとえるならば「かわいい」音楽☆
                              いつかフルで聴いてみたい!
          ↓

      キリンジ 最初〜全体の3分の2ほど ・・・3rdあたりまで、かーなーりハマっていました!!
                                アルバムの音作りがスタジオミュージシャンっぽい
                                職人気質だけど、ライブも実はすごいうまい♪
                                といっても7,8年ぶり2回目ですが★
                                お兄ちゃんのダブルネックギターが意外でした(笑)
          ↓

      レイモンドスコット トーク&映像 後半 ・・・大好きな音楽ライター 松永さんのトークも、
                                 レイモンドスコットという奇才にも、興味津々。
                                 彼の音楽のカバー集には日本の人気アーティストも
                                 多数参加しているみたい(源とか)
          ↓ 

      星野源 1曲のぞいて全部 ・・・ 実はひそかに楽しみにしていました〜「旬」の人なので(!)
                           まさか、最後まで聴いてしまうとは、うれしい誤算。
                           ほんと、引き込まれました。
                           声、曲、演奏、どれもが力強くやさしい。
                           そこいらのお笑い芸人より達者でウィットに富んだMCもよい。
                           女子人気がすごいイメージありましたが、私の周りは
                           年上ダンディな方がちらほら、そして大合唱(わお!)
                           前から2列目でかぶりつきで見たという友達の周りには、
                           目がハートの女子が多かったそうです。                                   
                           今度アルバム聴いてみようかな(←持ってなかったんかーい!)
          ↓

      cero  中盤1曲(人におされてあえなく退出) ・・・中村まりの会場を横切り(これもまた、ちゃんと
                                      聴いてみたくなる、素敵音楽!) これまた信頼
                                      おける音楽友達絶賛のceroの会場へ。
                                      すでに鮨詰め・酸欠状態の会場でなんとか1曲。
                                      ルーリードのワイルドサイドを歩けに日本語詞
                                      つけた曲で、カオスな爆音に、ただならぬものを
                                      感じました!
          ↓

      細野晴臣 最初2曲  ・・・ 生・細野さんははじめて。滋味深い声と演奏(そして風貌!)。
                        どうも最初はねむねむモードだったみたいで、つられて眠りそうに・・・
                        そしたらほぼ立ちっぱなしの足が悲鳴をあげたので、退出。
                        いつか、座席指定の会場でゆっくり聴いてみたい。              
          ↓

      テニスコーツ 全部  ・・・ はじまる前の会場の座席でゆっくりしてたら、フェイドインではじまって
                       いつしか身動きできないくらい観客に囲まれて最後まで!
                       不思議度でいったら今まで見たライブでダントツかも。
                       演者が会場の中央だったり4角だったり、縦横無尽。
                       芝居の中に観客を巻き込んで、30分の長編PVのように仕立ててしまう
                       予測不能で確信犯なステージでした♪
          ↓

      THE HIGH LLAMAS 前半 ・・・ 唯一持ってる彼らのアルバム「ギデオン・ゲイ」は当時よく
                             聴きました。彼らも、凝りに凝った音作りから、ライブ演奏は
                             想像しがたかったんですか、とても大人なポップミュージックで
                             気持ちのよい演奏。すっごく心地よかったです!!
                             知らない曲ばかりだったけど(!)、十分楽しめました。

      結局、まったく耳にすることができなかったのはジム・オルークのみ(残念★)
      ということで、あえて、唯一持ってる彼の作品から1曲。
      ♪ http://www.youtube.com/watch?v=-oBKh4PPyCQ


      ここ1,2年、今までみたいに音楽をしっかり聴かなくなったのですが、
      年2,3回は行くライブやイベントで音のシャワーを浴びると、
      やっぱり音楽が好きだなぁと再確認します。





      ハイラマズを半分ほど見たあと、少し早めに会場をあとにし、渋谷の雑居ビルのカフェで
      DJイベントをする友達に会いに。そのビルのエントラスの落書きで度肝を抜かれるの巻☆
      何も知らなければ、絶対立ち入ることはないような場所...しかし、カフェの方はうってかわって
      ナチュラルテイストでほっ。彼女のDJはタイムオーバーで見れなかったのけど、美味しい食事と
      共に久しぶりに話ができてよかったです。

      (2012年2月14日 記)










      author KBK | comments(2) -

      東京反芻通信Δ修3点

      0
        1枚しかアルバムを持っていない状態で行ってきました「Lamp」のライブ!
        今回の上京のお目当てのひとつでした。
        しかも、1st〜3rdではどっぷりはまっていた兄弟ポップ・マエストロ「キリンジ」の弟氏のソロユニット
        「馬の骨」、
        名前だけは存じてましたが、きっと好きな予感
        「七尾旅人」、
        この3組そろって見れる「その3点」というタイトルの豪華なライブでした。




        一番上が持ってる唯一のLamp。あとの2枚は単にビジュアル的に並べたかっただけです★


        多くは語れません・・・語る表現を持ちえていません。とにかく、
        3者3様、素晴らしいパフォーマンスでした!!!
        でも、やっぱり、今の気分はLamp。
        ライブ会場で1枚、帰ってから2枚購入。
        上京日記のタイトルは、彼らの最新作「東京ユウトピア通信」へのオマージュだったりするのでした。









        author KBK | comments(0) -

        盆ダンスはうまく踊れない

        0



          延々とつづく河内音頭のループは土星の環 
          キャバレーユニバースの銀河で名も無き小さな星たちが輝き、踊り、廻り続ける
          ならば菊水丸、あなたは太陽!





          さぁ〜よぉおお〜なぁああ〜らぁあ〜〜♪ という〆の節回しのために単調で中毒性のあるループは
          存在するのか?てなくらい、このお約束が最高に気持ちよい!!

          ということで行ってきました、BMC(ビルマニアカフェ)主催の夏イベント
          トロピカル・パラダイスinキャバレーユニバース
          盆踊りあり、ベリーダンスあり、ライブあり、屋台村あり!!
          奇しくも今年入って2度目のパーリーはどちらも7月開催でトロピカルつながり。
          コッパズカシーナ!!


          しかしながら私は基本、席でお留守番。途中ソファの上で横揺れしてましたが!


          一緒に参加した舞さんのお召し物が、ユニバースのゴージャスソファの柄にぴったりで麗しく



          横揺れしながらの撮影はほぼピンボケ。でも自分にとっては楽しかった夜に等しく美しい・・・

           
          さて、時間を巻き戻して―                 

           
          ユニバースが入ってる味園ビルを          開演前に少し探検


          HGホテル(レイザーラモンではなくハイ・グレード!)、こちらはなんと一泊3500円〜!
          ご一緒したお3方はこちらのトリプルルームに泊まられました。
          私もそうすればよかった、めっちゃ良さげ!!

           
          日記タイトルは、自分がダンスが苦手なことを高樹澪のヒット曲になぞらえたのですが、
          そしたらば奇跡的なツーショットにでくわす!
          なんや、ほんまはダンスはうまく踊れるんや♪






          author KBK | comments(2) -

          夢みる人

          0
             よく見たら鍵盤が指・・・(!)


            1週間ほど前、姉が「先週か先々週、ラジオでめっちゃいい曲聴いてん、調べて!」と依頼が。
            FM-Cocoroかαステーションで聴いたその曲の前はフールズ・ガーデンのレモン・ツリー
            ♪ http://www.youtube.com/watch?v=bCDIt50hRDs&feature=related
            だったとのこと。10代はラジオ、というかNHK-FMが恋人(!)というほどかじりついて聴いて
            いたけど、今はさっぱり聴かないのでFM局のサイトでタイムテーブルが閲覧できるだなんて、
            今回初めて知りました。

            昔話をするとすごく年取った感があるのですが、10代の頃は、タイムテーブルが掲載された
            FM専門誌(ザ・テレビジョンのFM版)を購入し、それでも生放送の曲目まで分からないのは
            当然で、聞き逃した曲目をどうしても知りたい場合は、FM局に往復はがきを送って質問した
            こともありました(執念・・・)

            結局、その曲はFM大阪だったか802だったかで3週間前にオンエアされていました。
            確かにレモン・ツリーの前で!
            ♪ http://www.youtube.com/watch?v=NkwsJvOeozo

            この曲、私も大好きなのでした。上の写真のアルバムに入っています。邦題「夢みる人」。
            彼はセッション・ミュージシャン(ピアノ・オルガン)としての活動が主で、60〜70年代の
            有名ミュージシャンの名作で演奏しています。例えば
            ローリングストーンズのこれとか
            ♪ http://www.youtube.com/watch?v=GW0Epv2iMD8&feature=related
            ジョン・レノンのこれとか
            ♪ http://www.youtube.com/watch?v=6lLs2dC9NaE

            そんな彼のソロ作、インストも多く、ボーカル曲での彼の声は頼りなげだけど、そこがまた
            味があって好きです。
            〜なんてこと書いてないで、もう寝ないと・・・先週末から調子の悪かった喉、声はオッサン、
            昨日は電車の中で止まらない咳に前に立ってた女の子が移動する始末(女の子ゴメン!)
            今日は一日家でゆっくりしたけど、今年の風邪はしつこいです★






            author KBK | - -

            Cancion de cuna costera

            0


              Cancion de cuna costera  ・・・翻訳すると「沿岸の揺りかごの歌」

              「まるで、HUMMOCK Cafeのことのようで!」
              オーナーさんが、的形のヨットハーバーに佇むこのカフェの立地と店名との奇遇を
              心底うれしそうにお話してくださったのが10日前。

              この曲を、最後の1曲に選んだカルロス・アギーレ。

              奇跡のような夜でした。


               アルゼンチンのアーティスト。
              電子ピアノとギター、そしてときどき歌。インストも魅力的だけれど、歌声が特に好きです。
              まるで子守唄のよう。母親がわが子にやさしく歌いかけるような、慈愛に満ちた歌声なのです。
              我が強すぎたり、自分に酔っていたり、そんなシンガーが世の中には多いような気がするけれど
              それとは別次元の世界。
              そう例えると、なんだか逆にとっつきにくくなりそうですが、決してそんなことはなく。

              きっとどこかで、彼とは気づかず、ずっと聴いていたのかもしれない、そんな錯覚。
              不思議に懐かしくもあるのです。水が合うからかも、ですが・・・

                
              水が合う、と言えば




               的形の風景。好きです!












               

              author KBK | comments(2) -

              ハロルドとモード

              0


                音楽は英国寄り、映画はアメリカン・ニューシネマ
                それが好みの根っこだなぁと思います。
                38年ぶりのロードショー、アメリカン・ニューシネマの人気作
                「ハロルドとモード」を観て来ました。




                アメリカではカルト的人気なんだそうです。
                カルト的だけに、万人におすすめ!では無いのかもしれませんが
                なんというか、ぐっときました。もっと、自分に向き合って生きなければ!と
                79歳のチャーミングな老女・モードのひと言ひと言に勇気づけられました。
                それに、全編に流れるキャット・スティーブンスの歌!
                こんなに彼の歌が良いと思ったのは初めてです(またCD聴きなおそ!)



                中学時代のバイブルのひとつ、アメリカン・ニューシネマ本。
                当時、何度も何度も読んだ記憶があります。
                テレビの深夜ロードショーでこの本の中のいくつかを観たなぁ・・・
                「アリスの恋」「ペーパー・ムーン」「グッバイガール」「天国から来たチャンピオン」とか。
                「タクシー・ドライバー」や「卒業」も、そうだったったけ。
                それまでの完全懲悪・ハッピーエンドなアメリカ映画と違って、
                主人公が死んだり、意味深な結末だったり、主人公が決して美男美女でなかったり・・・
                でも、コレ読んで観たつもりになってしまって未見の作品も多いのです。
                「イージー・ライダー」「いちご白書」「明日に向かって撃て!」などなど。
                それと、表紙の作品も!どんだけ観てへんねん★




                author KBK | comments(0) -

                叡電ヴォヤージュ

                0


                   ようやく6月らしく雨。行って来ました出町柳。

                  左京ワンダーランド 京都市左京区のいろんなお店がいろんなイベントで盛り上がる素敵月間。
                  その最終日を飾る『風博士と行く一箱古本列車 inエイデン号』
                  http://sakyowonder.blog82.fc2.com/blog-entry-42.html
                  走る電車の中でライブ?なんだかわくわくしてきます!しかもDJタイムで流す曲は電車しばり!
                  パンに特化した飲食ブース、そして選りすぐられた感もある古本、食指が動きまくりです。
                  さて集合時間ジャストに到着、事前予約していたけど、出町柳は既に長蛇の列。
                  流れにまかせて前進すると運よくライブ車両で、しかもメンバーさんがほどよく見える位置に着地。
                  あとから来た方は通路に敷かれた畳風のゴザの上、靴を脱いで座ります。
                  若い方が多いのかと思いきや、幅広い年齢層、よい光景。
                  これから何が始まるのやら・・・そんなみんなの思いをぎゅうぎゅうっ乗せた列車が動き始めると
                  出発進行、ライブスタート!

                   

                   
                  車掌さんに扮した風博士とその仲間たち。オープニングは「線路は続くよどこまでも」
                  粋なアレンジでスイング!楽し過ぎ!!
                  初めて聴くオリジナル曲も好みの70年代フレーバー。
                  電車の心地よい揺れ、車窓を見れば雨に濡れた緑多き町並み。
                  「世界の車窓から 〜叡山電車編〜」に出演中、そんな気分。




                   14分後、八瀬比叡山口に到着、しばし駅時間。

                   
                  でもしばらく続いていたライブを聴いていたので、降り立った時はパンは完売していました。

                          
                  東ティモールの珈琲「なや」さん。素晴らしい味でした!   珈琲待ちタイムに風車掌(左)激写!


                  次第に雨足が強くなってきました。

                   楽しみにしていたDJタイム、間近で。
                  http://www.youtube.com/watch?v=XJsoF1jcEec&feature=related
                  この曲、かかってました。リアルタイムだったのにサニーディ、聴かず仕舞い。いいなぁ(いまさら!)


                   
                  復路出発、ライブ後半戦。車窓の向こうに、必死な撮り鉄さんたち。それでさらに盛り上がる!

                  投げ銭ライブということで、投げ銭の変わりに風博士さんのアルバム2枚、おとな買い。
                  給料日が待ち遠しいです(壊れたCDプレーヤー、買い換えるぞ!)


                   
                  イベントでパンを買えなかったので出町柳でパン買いました。イベントでは「パンとたまねぎ」本を。
                  帰りの電車の中で読破。読みごたえありました・・・紙質や写真、イラストもよい感じです。

                  http://www.youtube.com/watch?v=hwmRQ0PBtXU&feature=related
                  ↑今日の日記タイトルの元ネタ。邦題「処女航海」、まさしくエイデン貸切、初・体・験!

                  author KBK | comments(0) trackbacks(0)

                  COVER GIRL

                  0



                    ↑ 試聴したらすごくよかったけど、値段にびっくり!!
                    0が1個多いんじゃなかろうか見直しました、スターどっきりまる秘報告のリプレイシーンのごとく★
                    でも、それよりもっとびっくりしたのが・・・




                    レコードレーベルが「KBK」って!!
                    こういう奇遇に「私に買え!って言ってるんとちゃう?!」などと理由をつけたがるんですが
                    0が1個多すぎました・・・










                    気を取り直して。

                    約束の品をようやく編集、さぁ印刷だ!と思ったらインクトナー切れ★
                    ♪月曜日にインクを買って、火曜日にポストに入れる〜
                    (ロシア民謡「一週間」の旋律でお願いします)
                    遅くなったのに、たいしたデキじゃない・・・なんて書いたら
                    収録のミュージシャン&楽曲たちに失礼ですね★★
                    気分にフィットした曲が入っていることを狙って&願って!


                    author KBK | comments(2) trackbacks(0)

                    ずっと好きな雰囲気

                    0

                      もう20年ほどずっと自室のどこかに飾り続けているポストカードがあります。



                      通常のポストカードより少し大きめでマットな質感。
                      温かくてウッディな(notダジャレ)インテリアがとにかくいい感じ。



                      テーブルに置かれたコーヒーサーバー(中はお湯?)、そして
                      見逃せないのが左端に置かれたパッチワークのクッション。
                      素朴で少々野暮ったい色合い(に見える)が、いいアクセント!と唸ります。
                      そして2人がかもしだす雰囲気。こんな風に誰かとなりたいな〜と憧れたものでした・・・



                      ポストカードはウッディ・アレン監督主演の名作と誉れ高い1977年の映画
                      「アニー・ホール」の1シーンです。
                      相手役ダイアン・キートンの個性的なファッションも人気で、今見ても素敵!


                      さらさらのロングのヘアーにダボッとしたメンズものとか。
                      彼の、「DUNLOP」にもやられた!


                      仲睦まじくふたりして眼鏡っこ。このままネオアコ系レコードジャケになりそう。


                      このレイヤードっぷりはnest robe?!




                      好きなモノがひとつずつ、確実に増え続け、えらいこっちゃ★な状態になっても
                      このポストカードを外す理由が見つからない。
                      それくらい好きなのに、映画はこの期に及んで未見です
                      author KBK | comments(2) trackbacks(0)

                      ホンジークとキューネ

                      0


                        バレンタインイブの日に行ってきました、spice+animation!vol.11
                        チェコアニメの巨匠 カレル・ゼマンの遺作にして最高傑作という「ホンジークとマジェンカ」
                         マ: 「ホンジーーーーク!!」
                         ホ: 「マジェンカーーーー!!」
                        恋するって、若いって、素晴らしい!!
                        ほんと、素敵な素敵な映画でした。
                        音楽も素晴らしく、サントラがあれば欲しいです。
                         ※写真は本文に関係ありません

                        ずっと頭の中でメロディがリピートしてます。
                        ♪ http://www.youtube.com/watch?v=i5G_uEBld5k

                        あと、この曲も。
                        ♪ http://www.youtube.com/watch?v=OXOgRvj76zI
                        イベントの合間に流れるDJ&VJで、80年代後半〜の懐かしい曲が立て続けに!
                        これ、当時聴いてたのにアーティスト名思い出せなくて、帰りの電車で悶々と。
                        福島あたりで思い出してスッとしました!(その時たずねればよかった★)


                         映画のあとは、美味しいカリー。クセになる味!

                        そして、レモンと実験のお菓子も!
                        今回はお菓子購入者にチョコのおすそ分けが!しかも・・・






                        これこそまさに、チョコレートの宝石箱や〜(ひこまろ)

                        思わず声をあげてしまう感動的なルックスのチョコレートは
                        はるばるオーストリアはウィーンから通信販売にて購入されたそうです。
                        アルトマン&キューネ、その名前、絶対忘れません!!

                         

                         ありがとうございます&ごちそうさまでした!!

















                         







                        author KBK | comments(0) trackbacks(0)
                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        Archives

                        Categories
                        もくじ (1)
                        (34)
                        喫茶 (75)
                        雑貨 (27)
                        (6)
                        キャメラ (88)
                        EAT IT! (39)
                        展覧会系 (52)
                        音楽・映画・文化系 (22)
                        レッスン (33)
                        旅行記 (122)
                        カバ (7)
                        犬と猫 (22)
                        小さな街のせんだい散歩 (16)
                        奈良 (42)
                        仙台 (10)
                        仙台写真展2011 (8)
                        その他もろもろ (26)
                        予告編 (9)
                        素敵だよ (10)
                        Recent entries
                        東京FANTASIA△任蕕垢瓦ぅ薀ぅ (02/04)
                        東京反芻通信Δ修3点 (08/22)
                        盆ダンスはうまく踊れない (07/22)
                        夢みる人 (11/23)
                        Cancion de cuna costera (10/09)
                        ハロルドとモード (09/22)
                        叡電ヴォヤージュ (06/13)
                        COVER GIRL (03/08)
                        ずっと好きな雰囲気 (03/06)
                        ホンジークとキューネ (02/13)
                        Recent comments
                        変わらない喫茶店
                        by KBK (05/20)
                        変わらない喫茶店
                        by かおり (05/20)
                        目を瞑れば君がいる
                        by KBK (05/01)
                        この世の楽園
                        by KBK (04/22)
                        この世の楽園
                        by kawajiri (04/21)
                        この世の楽園
                        by seiko (04/19)
                        この世の楽園
                        by imaya (04/18)
                        目を瞑れば君がいる
                        by KBK (04/12)
                        目を瞑れば君がいる
                        by kawajiri (04/11)
                        1ヶ月
                        by KBK (03/02)
                        Links
                        JUGEM
                        Profile
                        KBK
                        Recommend
                        Feed
                        RSS1.0
                        Atom0.3
                        Sponsored links
                        Powered by JUGEM.
                        Designed by mread.
                        admin