スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    author スポンサードリンク | - -

    なごやで檸檬

    0


      12月のこの日、彼女と一緒に過ごすと決めて3回目。京都、京都と続いて今回は大遠征したがや!
      しかも今回は地元在住の素敵女史もご一緒という、スペシャルな1日になりそうだがや!
      …っていい加減名古屋の方に叱られちゃいそうな、にわか名古屋っコきどりです★
      過去に拙ブログには何度も登場している名古屋。年1回の来訪はお約束、大好きな街です。
      待ち合わせ場所は名古屋の宝・喫茶ボンボン。
      アーバンライナーが30分遅れるというトラブルに見舞われながらもなんとか間に合いました。
      夏のオリーブイベント以来、約4か月ぶりの再会。
      ハンドルネームと同じクリーミーなレモンイエローの車でさっそうとあらわれた彼女は、
      あいかわらずスレンダーでかっこいい!!



      レモン糖」と「レモンと実験」、Wレモンにはさまれて、サンドイッチとスイーツのモーニング♪

       
      1番人気のマロンのケーキはレモンと実験さん。私は迷った挙句、ココア味のチョコレートケーキ。
      レモン糖さんは名前と同じレモンロールでした!

       
       
      店内で一番ひろいベルベットのソファで、至福のひととき。幸先のいい旅のはじまり!!

      続いては花屋の7階のアンティークショップ。3年ぶりになるかな・・・
       
       
      変わらず素敵!!意気地がなくて、外観撮影。

       
      テレビ塔が間近なこの界隈、レモン糖さんおすすめの喫茶店もいくつかあって。
      ただ、限られた時間のため後ろ髪魅かれながらも退散。次回の楽しみにとっておこう!


      さて、次なるスポットにむかってひた走るレモン糖カー。その道中にもイカス看板の喫茶店が次々と
      あらわれてはわれわれを誘惑!ああ、次回の楽しみが増えすぎる!!

      途中、覚王山で鬼まんじゅうを買い(レモン糖さん、ご予約ありがとー!)ながらも、
      いい感じにお腹がすいてきた頃合いに目的地到着。
      思い出した、強烈な急勾配の途中にあったんだった。
      「こんな怖い坂道初めて!」ハンドル握る手も緊張気味なレモン糖さん。ごめんね、ありがとー!!
      アミューズメントのアトラクション的経験でした☆

       
      ああ、1年前と変わらない外観、店内。そして、そうそう、これこれ!滋味あふれるカレーの味。


      来週末はこの場所の元の住人・松尾ミユキさんのイラストやオブジェが凱旋、見たかったなぁ!!

       バブーシュカさん、また来ます!

       
       
      ランチのあとはカジタで珈琲&ケーキ。そのあとご近所のミュシカさんを見たところでタイムアップ。
      すでに西日の16時過ぎ。朝10時からご一緒だったのに過ぎてしまえばあっという間だった気がする
      楽しい時間。移動車内での少しビターなトーク(笑)を中座してのお別れとなりました。
      レモン糖さん、本当にありがとうございました!またお会いましょう!!今度は名古屋?それとも?!

      そして二人になったわれわれは、栄〜大須界隈を地図も見ず4,5年前の記憶をたどりに右往左往。
      素敵な古着屋さんにもめぐり合い、記念の品を買い求め、念願のあつた蓬莱軒のひつまぶしで〆。
      ひつまぶしは2番目の食べ方(薬味を足して食べる)が特に好みでした!!

      帰りのアーバンライナーで、レモン糖さんからいただいた楽しい詰め合わせを開封。
      すると「江ノ電もなか」と思いきや中からレモン糖チョイスの手のひらサイズの小さなしあわせが
      こぼれ落ちてきました!しかもレモンと実験さんと私とでは内容が少し違うという心配りで!
      二人で顔を見合わせもらした感嘆の吐息は、静かなアーバンライナーに響き渡っていたやも
      しれません。

      レモン糖にはじまり、レモン糖に酔う。
      充実の名古屋・記念旅でした!!








       

      author KBK | comments(0) -

      尾道で渋谷3擶玻麾

      0


        尾道駅前の商店街入ってすぐ。歩道橋の脇にある小さな雑居ビルに楽園はありました。


        13時開店を待って、いざ。
        2階にあるため中の様子がうかがえないこと、
        片面真っ赤にペイントされた壁とグリーンの鮮やかなコントラスト、
        オーナーのこだわりを強く感じる絵画的な外観に、興奮と緊張が綯交ぜに。
        おそるおそるドアを開けました。







        平静を装いきれていたかどうか。激しく感動、心中では大声で叫んでいたかもしれません。
        好きーーーー!この感じ、大好きーーーー!!
        古い家具にピアノやウッドベース。アーティストの「男の隠れ家」にお邪魔したような感じ。
        窓の外は商店街。切り離されたわけではなく、浮遊しているかのような、いきすぎない非日常空間。
        大音量だけど、お店の雰囲気にあっていて逆に新鮮だった音楽。
        どこかで聴いたことあるなぁ・・・あ、日本語だ、これは、、、
        七尾旅人!!
        以前ライブでたまたま見かけて、圧倒的な存在感にひきこまれたSSW。
        胸の奥がじんわり熱くなってきました。
        ネルドリップ珈琲とチーズケーキがまた美味しくて、五感で味わう濃密なひととき。
        これが楽園(ハライソ)なのか、尾道の!!


         
         
         
         
        満たされた気持ちが、人見知りのこころをときほぐしてくれました。
        帰り際、七尾旅人の話を切り出したら、オーナーさんも一聴でファンになり、
        尾道に呼んだことがあるのだとか!
        今回の旅の目的である映画祭のフリーパスを見せたら、
        「行きたかったなぁ〜」と。ですよね、せっかくレアな映画が上映されるんですから。
        私がかわりに楽しんできます!なんて。


        尾道を訪れる時は、はずせない場所が増えました。



        尾道最終回い悗弔鼎。


        (2012年11月14日 記)

        author KBK | comments(0) -

        尾道で渋谷△劼箸笋垢漾⊃べあるき

        0


          「アイスもなか」と器にもられた「アイスクリーム」、どちらにしようか迷ったけれど、
          あまりにもフォトジェニックなので、両方オーダー。それでも財布にやさしいプチプライス!




          窓の外は海岸通り。理想的な休日の昼下がり。

          尾道アイス「からさわ」、ほっとする甘さでした。

          からさわを出て、数歩進むとかわいい看板が!
           

          看板のイラスト通りドーナツはすべてハート型!アイスを2つも食べてお腹いっぱいなのに、
          買わずにいられませんでした。チョコが溶けないうちに、食べ歩き♪

          甘い物で満たされたので、いよいよほろ苦いあの味を飲みたくなってきました。
           
          商店街の中、静かに異彩を放っていた素敵外観。近づくと豊かな珈琲アロマがたちこめてきました。
          テイクアウトでアイスカフェオレを。・・・いい!

          近くにはこんなオサレパン屋もありました。大繁盛!


          さて、尾道駅側の商店街入り口に、午前10時は閉まっていたけれど気になるお店ありました。
          もうオープンしてるだろうと、戻ってみました。
           開いてました、おやつとやまねこ

          荷物になるかな〜と思いながらも、キュートなルックスに買わずにいられませんでした!
          瓶入りプリン。お店の屋号の猫ちゃんのイラストとにあわせて、魚型の醤油差しには
          尾道レモン味の特製シロップが入っていました。
          カスタードプリンにこのシロップをかけるとレアチーズのようなさわやかさに。
           おいしゅうございました♪

           
          その他にも、商店街でいろいろお菓子を買い込みました。尾道の名産・瀬戸内レモンを全面に
          打ち出した商品が多く、レモンケーキはいろんなお店で販売されていました。
          その中で、外観は普通なのですが(←失礼★)「家庭画報に載りました」の表示につられて入った
          洋菓子店で購入したこちらのレモンケーキ、かなり美味しかったです!
          ここではマドレーヌも購入しましたが、こちらもバターの風味豊かでかなり美味しかったですpart2!

          キッチュ&ジャンク?!こちらはまだ食べてません★

          気が付けば両手にお土産。重っ!ちょっと座ってゆっくりしたいなぁ、気になるあの店で。



          へつづく!


          (2012年11月13日 記)










          author KBK | comments(0) -

          尾道で渋谷.侫ルムの街を歩く

          0


            今回の日帰り旅最大の目的は夕方から上映される映画を観ること。
            会場は尾道駅から徒歩5分ほどの波止場、戦前から残る古い倉庫。いい雰囲気!
            入替制ではないため、朝一10時の映画から場所取りしなくてはいけないかもしれない・・・
            そんな覚悟で9:30に会場着。
            しかし、並んでおられたのは10人足らず。しばらく様子をうかがうも、いっこうに増える気配無し。
            そこで賭けにでました(←大げさ)。夕方まで、尾道散策するぞ!と。



            まぶしくらいの陽光、すばらしい秋晴れ!
            瀬戸内の海風を感じながら、デッキを歩く・・・ただそれだけで、心躍る海なし県人(=私)。


            駅に戻り、海、それとも山?どちらにしようか・・・

             
            芙美子、迷っちゃう!(?)               決めた!商店街を歩いて、まずは珈琲。






            午前10時はまだ閉まっているお店も多く、人もまばらなのをいいことに、通りのど真ん中を
            興奮のあまり独り言をぶつぶつ、顔は終始にやけ気味で闊歩しました(怪...)。
            約20年ぶりの再訪、こんなにも好きな雰囲気の商店街だったことを、
            不覚にも当時は気づかずにいただなんて!!


             
             
             
             
             看板見てるだけでずっと居れる楽しさ!!




            左右に現れる小さな路地、片方は海、もう片方は山へ。

             

            閉店後も看板をあげたままの店も含み、喫茶店が多い印象。
            どの店に入ろうか迷っているうちに、珈琲飲みたいことも忘れ、商店街を2・3度往復。


             
             
              



            何気ない景色のひとつひとつが、「絵」になる感じ。
            日本の一地方の日常が、なぜこんなにも心ゆさぶるのか・・・その理由を、
            自分に問い詰める気はないけれど、
            この地に生まれ、多感な時期を過ごしてきた監督が、フィルムに焼き付けた気持ちが、
            なんとなく、なんとなくだけどわかる気がしました。



            思い立って山側へ。


             急な階段に、膝が笑う!

             
            最初の古寺を参拝後、あっさり退散(苦笑) そろそろ喉がかわいてきました。



            海側の、気になっていたアイスクリーム、食べに行こう!(あれ、珈琲は?!)




            △悗弔鼎!


            (2012年11月12日 記)





             
















            author KBK | comments(0) -

            香川日帰りバスの旅せ櫃傾畧

            0


              おひつに入った炊き立ての白米(写真は2人分)




              「しるの店」というだけにたくさんの味噌汁をラインナップ。
              「KBKさんは、じゅんさい汁やろ(笑)」
              レモンと実験さんの声に、「じゅんさい」の文字を見落とし「なめこ汁」に決めかけて気持ちも
              180度一変。
              じゅんさいはなじみが薄いけど、入っていたらうれしい食材。
              いや、それだけがオーダーした理由じゃないんですが!

               ※じゅんさいに興奮した理由 → 



              香川旅も終盤。実はランチを食べず(mimocaでケーキは食べたけど)、休憩なしで夕方に。
              そこで夜は早めにしっかりいただきました。
              街の定食&居酒屋。長いカウンターにずらっと並んだお惣菜の山。
              その中央あたりに揚げ物専門部隊がスタンバイ。
              いやぁもうどれもこれもほんっと美味しい!
              写ってませんが、これに揚げたてのサクラエビのてんぷらをつけました。
              それでもたしか1,500円いかなかったような(!)
              おひとりさん、ファミリー、おばちゃん集団・・・常連さんがひっきりなしに訪れる地元の名店でした。

               再訪必至!!







              夕飯前は旅の楽しみ・おみやげ探訪。マルキンパンはレモンと実験さんたって願い。
              地図を持ち合わせていませんでしたが、奇跡的にたどり着き、憧れの「バラ」を大人買い!
              外観も内装もオーナー(?)のおじいちゃんも、琴線に触れまくりでした♪


              琴線に触れるというよりも、心の木琴乱れ打ち状態になったのが・・・


              おととせんべい!!グッドルッキン!!


              瀬戸内の小魚、素材によって価格も違い、好きなものを1枚から選べます。


              いやこれまた再訪必至。

              ・・・と、まとまりにかける断片的な香川日帰りバスの旅も、これにて「完」。
              北浜alleyエリアに行けなかったこと(だから海はバスからしか見ていないのです★)
              うどんを食べなかったこと、作家の作品が設置されている県庁・公園etcに行かなかったこと
              ・・・やり残したことはいろいろあるのですが、近くて遠い四国・香川に上陸したことだけでも
              「旅」、してるなぁ〜と実感できる充実した1日でした。


              さて、明日以降は仙台旅のことを!


              (2012年9月13日 記)




              author KBK | comments(0) -

              香川日帰りバスの旅4鬱気涼熊さん 

              0


                高松駅から約40分、丸亀駅前すぐにある猪熊弦一郎美術館へ。今回のメインイベント!

                 
                 
                 
                猪熊さんがご存命の時から設計・建立にかかわった美術館。
                黄色いオブジェなんて、Perfumeごっこができそうですよ!(人数ひとり足りなかった★)
                描けそうで描けない、子どものような自由な画風。壁画ももちろん猪熊さん作。
                こんなに魅力的なエントランス、なかなか中に入れない〜!!

                 
                猪熊さんが生前に収集していたモノたち。
                一見してガラクタのようでも、有名・無名・用途不明を飛び越えた存在感。
                ♪ そばにいてくれるだけでいい だまっていてもいいんだよ (byフランク永井)
                モノに意味など求めないのです。ただ、モノが好きなのです。
                すごい展示でした・・・モノは古かろうと、何も古くない。
                新しいとかでもない、ただただ愛おしい。
                スタイリングされた岡尾さんと猪熊さんがコラボレーションしてる!と、思いました・・・!!
                ぐっときた!という想いをちゃんと伝えたいのですが、表現に詰まります(毎度のことですが)
                岡本さんの文章に膝を打ちましたのでご覧くださいませ→ 




                そんな興奮のルツボな物物展とセットで味わいたいのが併設のカフェ。


                期間中、大好きなイラストレーター塩川いずみさん
                の作品も観ることができて、俺得(←最近ツイッターでよく見る表現ですね、多分もう使わない!)



                 素敵空間でダジャレスイーツ(!)をいただく幸せ
                 
                ポテトに見えるのはリンゴ、バンズの中にフルーツとクリームチーズ、ベリーのソース。美味!

                 
                レモンと実験さんはジュースをオーダー。コースターが素敵!!

                 
                 
                実は物物展&ホンマタカシ展よりも、カフェに居る時間の方が長かったという(!)

                とにもかくにも猪熊さん、また行きたい!!


                (2012年9月10日 記)




                 

                author KBK | comments(0) -

                香川日帰りバスの旅∀損伊澆鼎り体験

                0


                  モーニングのあとは、ことでんの乗り継ぎに失敗し予約時間に遅れて(すみませんでした★)
                  ワークショップの会場へ。ええ、サヴィのおすすめコースを順守しております!

                   
                  好きな色に着色した和三盆を、オリジナルの木型に詰めていいきます。
                  コツを覚えればすいすい完成。単純作業が楽しい!達成感もあるしね。


                  レモンと実験さんはピンク、私はグリーンに着色。仲良く半分コしました。
                  お隣の4人グループはピンク・グリーン・イエロー・ホワイトの4色展開。
                  とっても素敵でした。
                  完成したばかりの和三盆はほろほろっとした口どけが優しく儚く。
                  きゅんとなる味わいでした。



                  素敵、と言えば・・・


                  民家を改造した独創的な白い内装。こういう場所で非日常的な作業をすることに
                  テンション上がります!

                   
                   豆花   (2012年9月5日 記)

                  author KBK | comments(0) -

                  香川日帰りバスの旅ゝ蔽 城の眼

                  0





                     
                    少し早く10:30過ぎに高松駅着。
                    少し遅いモーニングをめざして歩くこと10分、お目当ての喫茶店に到着。

                    「城の眼」 小説のタイトルのような不思議な店名。
                    外観はさしずめ石を積み上げた城壁がモダンに昇華したかのよう。

                      1962年オープンの元祖デザインカフェ。
                      建築設計、家具は山本忠司、インテリアは、石の彫刻家・空充秋によるもの。
                      店の奥にある壁面は、ニューヨーク万国博覧会「日本館」の為に試作された
                      石彫レリーフがそのままに。
                      同館の外壁は建築家・前川國男が設計、庵治の石工が施工しました。
                      音楽家・秋山邦晴の監修による庵治石でできた3〜4トンもある
                      スピーカー・ボックスも珍しい作品。
                                                      (香川県公式サイトより)



                    お上品なサイズ感のサンドイッチモーニング。こちらにフルーツがつきます。
                     
                     

                     

                    白髪のシニョンが素敵なマダムに「昨日も来られましたよね?」と尋ねられました。
                    私のはやる気持ちが、幻影となって毎日訪れているのかもしれません(!?)
                    いつになるかわからないけど、香川の旅に欠かせない喫茶店になること必至です!

                    (2012年8月31日 記)







                    author KBK | comments(0) -

                    ざわざわ金沢Merry Christmas, Mr. Lawrence

                    0


                      「純喫茶」
                      その表現に相応しいお店のイメージは十人十色かと思います。
                      私もいくつか思い浮かべることができます。
                      昭和で時間が止まったような、内装・メニュー・価格。地方都市にある家族経営の小さなお店。
                      あるいは、京都・大阪・東京の大型店。揃いのユニフォームが老舗の風格。
                      しかしこちらは、そのどれにも当てはまらない唯一無二のお店でした。
                      「純喫茶」ではなく「純喫茶ローレンス」という形容詞がぴったりなくらい。

                       
                       

                       

                      中世ヨーロッパのお屋敷のようなエントランスから圧倒されていましたが、ドアを開けた途端
                      「うわぁ・・・!」と心の中で感嘆の声をあげてしまいました。いや、声は外にもれていたのかも
                      しれません。オーナー女史は私を「観光客」と瞬時に仕分けし、席へと案内しました。
                      そこは、五木寛之氏が毎日通って執筆していた席と間仕切りを通して隣側、オーナー女史と
                      ばっちり目が合う席でした。
                      そこからオーナー女史劇場がはじまりました・・・!!!

                       
                      しいのき迎賓館に行ってきた話をしたら、そこの木からとれたしいの実をくださいました。
                      「しいのみ迎賓館にした方がいいと思うのよ!」と何度も言われました。
                      たくさんとれるのだそうです。食べるようにすすめられました。ほんのり香ばしい味。
                      お土産分までいただきました。


                       




                      お店を継がれる前は美術教師をされていたそうです。
                      ご自身の作品の他、近所で拾ってきた植物や木の実が雑然と、さながら画家のアトリエのような
                      雰囲気でそこに在ります。
                      だけれども、ドライフラワーの下に貝殻のように敷いてあった自作の花器風オブジェを
                      「100円ショップの粘土でつくったのよ!」「コーヒーにつけてるお菓子も100円ショップ!」と
                      お茶目な一面も。
                      また、五木寛之氏の他、作家・演劇関係者の常連も多く、当時のアルバムを見せてくださいました。
                      とにかく、話題がつきない!
                      この日が天候がころころ変わったので、天候にまつわる薀蓄、
                      私が奈良から来たことを告げると、ご自身のルーツが奈良とのことで、その話も色々と。
                      興味があることは調べずにおられないとのこと、最近知ったおもしろトリビア的な話も惜しげもなく
                      私に伝授しようと話してくださいました。
                      きっと、この席に座ってひとたび目が合ったなら、いろいろとお話ししてくださるに違いありません、
                      あなたにも!!



                      せっかく来たのだから・・・と先ほど帰られた2人組がおられた「個室」も見せてくださいました。


                      ここで採点される学校の先生もいるんだとか!

                      オーナー女史の話は止まるところを知らず、帰りの電車を切り出して後にすることになりました。
                      約2時間。そんなにも居たんだなぁ・・・
                      帰りを切り出した後、数枚パシャパシャ撮らせてもらっていたら、
                      「あら、写真を撮る時間はあるのね!」と言われたのにはどきっとしました(笑)



                      旅先という非日常で、さらにその奥の奥をのぞいたような濃ゆい時間でした・・・

                      また、必ず。

                      追記:GW明け、久々にログインしたらびっくり!今まで見たことのないアクセス数…たった4日で
                      月平均の半分に達していました。ご覧くださったのは同じ方なのかしら…どなたか存知あげませんがありがとうございます&恐縮です(照)


                      (2012年5月7日 記)



                       

                      author KBK | comments(4) -

                      ざわざわ金沢ぶらぶら&いきあたりばったり

                      0


                         
                        ぶらぶら歩いてたら道を挟んで向かい側ににおうお店発見。中入って予感的中!
                        http://www.garyovintage.com/ 
                        どれもこれも好き好き!!迷いに迷ってmade in モンゴル(!)のぶかぶかジーンズを購入。
                        なんちゃってみなぺるほねん気分で愛用中です。






                        数年前の金沢でも訪れた堅町商店街。さらにお店が増えていたような気がします。
                        しかし件の春ららら市出展のため臨時休業がちらほら、ちょっと残念。

                         
                         

                        ぶらぶら小一時間。さっきまでの青空は何処?まさかの吹雪!
                        急いで最後のミッション、数時間前は閉まっていた喫茶店へ、一か八か行ってみることにしました。
                        最終回へ続く!


                        その前に。

                         JR金沢駅、ちょっと不思議なデザイン。


                        布団をこねているのではありません!

                         
                        おばあさんは今日も笑顔でパンをこねているのです、延々!!まなざしが鋭い☆


                        地元愛され系パン屋さん、看板の文字は「ブーランジェリー」じゃなくて「ブラザーズ」だからね!!



                        そこで買った衝撃のパン!!


                        お初にお目にかかりました「頭脳パン」、ケンミンショーとかで一時話題になったそうです。


                        普通に美味しいぶどうパンでした。
                        職場のランチにしたけれど、この日の仕事は能率上がったけかな?!


                        (2012年4月27日 記)










                        author KBK | comments(0) -
                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>

                        Archives

                        Categories
                        もくじ (1)
                        (34)
                        喫茶 (75)
                        雑貨 (27)
                        (6)
                        キャメラ (88)
                        EAT IT! (39)
                        展覧会系 (52)
                        音楽・映画・文化系 (22)
                        レッスン (33)
                        旅行記 (122)
                        カバ (7)
                        犬と猫 (22)
                        小さな街のせんだい散歩 (16)
                        奈良 (42)
                        仙台 (10)
                        仙台写真展2011 (8)
                        その他もろもろ (26)
                        予告編 (9)
                        素敵だよ (10)
                        Recent entries
                        なごやで檸檬 (12/03)
                        尾道で渋谷3擶玻麾 (10/13)
                        尾道で渋谷△劼箸笋垢漾⊃べあるき (10/13)
                        尾道で渋谷.侫ルムの街を歩く (10/13)
                        香川日帰りバスの旅せ櫃傾畧 (08/17)
                        香川日帰りバスの旅4鬱気涼熊さん  (08/17)
                        香川日帰りバスの旅∀損伊澆鼎り体験 (08/17)
                        香川日帰りバスの旅ゝ蔽 城の眼 (08/17)
                        ざわざわ金沢Merry Christmas, Mr. Lawrence (04/07)
                        ざわざわ金沢ぶらぶら&いきあたりばったり (04/07)
                        Recent comments
                        変わらない喫茶店
                        by KBK (05/20)
                        変わらない喫茶店
                        by かおり (05/20)
                        目を瞑れば君がいる
                        by KBK (05/01)
                        この世の楽園
                        by KBK (04/22)
                        この世の楽園
                        by kawajiri (04/21)
                        この世の楽園
                        by seiko (04/19)
                        この世の楽園
                        by imaya (04/18)
                        目を瞑れば君がいる
                        by KBK (04/12)
                        目を瞑れば君がいる
                        by kawajiri (04/11)
                        1ヶ月
                        by KBK (03/02)
                        Links
                        JUGEM
                        Profile
                        KBK
                        Recommend
                        Feed
                        RSS1.0
                        Atom0.3
                        Sponsored links
                        Powered by JUGEM.
                        Designed by mread.
                        admin